第3次東海市総合福祉計画
26/98

21 政 策 3 高齢者の相談体制を充実します 施 策 1 課 題 平成24年度から高齢者支援ネットワークセンターを設置、平成25年度から高齢者相談支援センター(包括支援センター)に地域コーディネーターを配置するなど、相談や連携機能の強化を図ってきました。今後は更に保健・医療・福祉・介護の関係機関による多職種との連携が求められています。 相談者の心理的負担の軽減や、より相談者の状況に寄り添った支援のため、NPOや市民団体など行政以外による相談・支援環境の整備も進めていく必要があります。 今後の取り組み 相談機関と支援機関との連携を強化し、協働して高齢者の生活を支援する体制の充実を図っていきます。 NPOや市民団体などによる多様な相談環境の整備について支援していきます。 指 標 単位 現状値 5年後 10年後 5 高齢者相談支援センターなどへの相談件数件12,36113,000 13,2006 相談できる環境などが整っていると感じている高齢者の割合 %23.040 60 (主な事業) ■高齢者支援ネットワークセンター事業 ■高齢者相談支援センター事業 ■悪質商法被害予防事業

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です