第3次東海市総合福祉計画
27/98

2 高齢者支援 22 政 策 3 高齢者の自立した生活を支援します 施 策 2 課 題 平成23年度に行った高齢者実態調査において、75歳以上の高齢者の38.4%の方が「あまり元気でない」または「病気がち」と回答し、何らかの理由で「通院している」と回答した人は76%に上っています。 現在、自立した生活を営んでいる高齢者であっても、急な体調の変化などに対応できる体制が必要です。特にひとり暮らし世帯では、異常の発生を速やかに把握することが困難であるため、簡便な方法で異常の発生を外部に発信する手段を講じておくことが重要です。 今後の取り組み 高齢者あんしん見守り登録者に対し、定期的に訪問・連絡することで、高齢者の身体的、環境的変化を察知し、自立した生活が長く継続できるよう支援します。 また、必要な方にはあんしん電話の利用を促し、居宅での生活に対する安心を提供します。 指 標 単位現状値 5年後 10年後 7 高齢者あんしん見守り登録制度の登録者数 人920960 1,000 (主な事業) ■あんしん電話(固定・携帯)事業 ■ひとり暮らし高齢者訪問援助事業 ■高齢者あんしん見守り登録制度の実施 ■ひとり暮らし高齢者安否確認事業

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です