第2次東海市健康増進計画
15/81

第1章 これまでの取り組みと健康課題13〇 若い世代(40、50歳代)の特定健診受診率が低い。〇 各種がん検診とも受診率は低い。〇 歯周疾患検診は、40~64歳の受診率が低い。 市全体の特定健康診査の受診率をみると、40、50歳代及び60歳代男性は40%未満と低い状況であり、特に国民健康保険被保険者の40歳代男性の18.8%、50歳代男性の21.4%と受診率の低さが目立ちます。 国民健康保険被保険者の全体受診率は、48.7%であり、県平均36.6%より高く、県内9番目となっています。 しかし、1位の東浦町と比較すると約12ポイントの差があります。(4) 健康診査(検診)の状況愛知県:特定健診・特定保健指導情報データを活用した分析H22 特定健康診査受診率34.733.537.548.423.826.245.850.018.821.446.759.528.439.860.664.60 1020304050607040-49歳50-59歳60-69歳70-74歳%全体男全体女国保男国保女ア 特定健康診査:年代別受診率イ 特定健康診査(国民健康保険分のみ):県内比較

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です