第2次東海市健康増進計画
19/81

第1章 これまでの取り組みと健康課題17 本市の平成24年の人工透析患者数は、260人(男性163人、女性97人)で、人口1万人に対する割合は、23.6人です。平成19年の20.7人と比較すると人工透析患者も増えており、県下でも15番目に高い状況にあります。人工透析発生患者のうち、糖尿病性腎症の割合は年々増えています。 第1号要介護認定率は、14.8%であり、県平均15.2%より低い状況ですが、県内では、高い方から18番目となっています。 また、要介護認定率は、5年間で1.3ポイント増加しており、要介護2・3の割合が県平均より高くなっています。 後期高齢者割合の増加に伴って、認定率も上昇することが予測されます。県平均東海市大府市知多市常滑市半田市東浦町19.820.715.317.020.120.519.022.523.619.619.221.720.822.30 5 10152025人H19H24%42.041.042.042.039.030.426.333.338.741.40 1020304050H20H21H22H23H24県市人工透析患者数(人口1万対)発生件数のうち糖尿病性腎症の割合愛知腎臓財団:慢性腎不全患者の実態愛知県高齢福祉課 介護予防事業実施状況報告15.213.613.613.913.413.514.312.914.814.513.716.015.316.221.619.219.517.918.816.819.122.724.223.320.918.518.721.50 5 1015202530県平均東海市大府市知多市常滑市半田市東浦町%H20年度認定率H24年度認定率H20高齢化率H24高齢化率第1号要介護認定率・高齢化率イ 人工透析ウ 要介護認定率

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です