第2次東海市健康増進計画
4/81

2 本市では、国の健康増進計画である「健康日本21」、愛知県の「健康日本21あいち計画」を受けて、第1次健康増進計画を策定し、平成15年度から平成25年度まで、また、食育推進計画についても食育基本法に基づき、平成20年度から平成25年度まで、それぞれ取り組んできました。 また、平成22年11月には、市の各種計画との整合性を図り、「市民の健康づくり・生きがいづくり」を総合的に推進するための連携推進プランを策定し、都市基盤や生涯学習分野と連携した、健康づくりや生きがいづくりが推進しやすい環境を整備してきました。 第1次健康増進計画(いきいき元気プランとうかい)では、生涯をとおして健康づくりを推進するために、各年代別に「栄養・運動」、「心の健康」、「喫煙」、「飲酒」、「歯の健康」の5分野について取り組んできました。 この5分野の進捗状況を管理する58指標のうち、数値の把握ができた43指標を評価しました。 目標達成した指標は、8指標(13.8%)で「歯の健康」分野が半分を占めており、歯の健康に関するデータは、順調に改善しています。 改善した指標は、19指標(32.7%)で、「歯の健康」分野に加えて「喫煙」、「飲酒」の分野で改善がみられました。 悪化した指標は、16指標(27.6%)で「栄養・運動」分野における、小中学生の肥満割合や主観的健康感が悪化しました。項 目指標数(割合)A)目標を達成したもの 8(13.8%)B)目標に達成していないが、改善したもの19(32.7%)C)悪化したもの16(27.6%)D)評価できなかったもの15(25.9%)合 計58(100%)(1) 「第1次健康増進計画」の取り組み1-1 これまでの取り組み目標達成状況これまでの取り組みと健康課題第1章

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です