第2次東海市健康増進計画
45/81

第4章 推進プラン43指 標指 標主な取り組み主な取り組み連携のための道具連携のための道具H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H3520100%※学校保健統計生活習慣改善に取り組んでいる人の割合№1 受けやすい健診の仕組み№12 子どもの健康データ共有の仕組みむし歯予防対策幼児のフッ化物塗布及び小中学生のフッ化物洗口の取り組みと、食後の歯みがきの習慣化に取り組みます。指標7:中学生の歯肉炎の罹患者率6.1(施策の状況を共有するためのものさし)ア歯周病対策学校や企業での健康教育に取り組み、かかりつけ歯科医を持つ人を増やします。また、受診率向上を目指し、受けやすい歯周疾患検診に取り組みます。イ健口体操の普及・啓発筋肉の衰えや唾液の減少から口腔機能が低下しないよう、健口体操を市内全地域で普及させます。ウ歯科保健に係る多職種連携在宅要介護者や障害者など、通院等が困難な人の歯やお口の健康を支援するため、施設職員や歯科医師などの多職種が連携できる仕組みをつくります。エ本市10.5県H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35503010%※学校保健統計指標8:8020達成者割合11.6本市40.7県

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です