東海市総合戦略
12/31

11 オ 人口の自然増に関する現状 出生率(合計特殊出生率)は、平成9年(1997年)まで下降していましたが、その後上昇に転じ、平成24年(2012年)には、全国及び近隣自治体と比較しても高い値となっており、県内市区町村の中では2位となっています。 市内在住の20~39歳の男女を対象としたアンケート(結婚と子育てに関するアンケート調査;平成25年(2013年)市実施)では、将来持ちたい子どもの人数として「2人」との回答が58.9%と約6割を占め、「3人以上」の回答が13.5%、「1人」の回答が12.7%ありました。 1.961.681.591.641.681.821.11.21.31.41.51.61.71.81.922.11983~19871988~19921993~19971998~20022003~20072008~2012合計特殊出生率の推移全国愛知県東海市名古屋市大府市知多市半田市人口動態保健所・市町村別統計 結婚と子育てに関するアンケート調査(平成25年(2013年)) 12.412.758.913.52.40204060801000人1人2人3人以上無回答N=739 %

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です