横須賀文化の香るまちづくり基本計画
13/26

10 (2)文化センターの現状と課題 (重点項目:2 拠点形成、3 にぎわい創出、 4 連携・協働) ①現状・課題 ・文化センターは、昭和55年に竣工し、35年が経過しています。経年劣化による施設の老朽化に加えて、平成15年に実施された耐震診断においては、Is値が基準を下回り、不適格の診断を受けています。 ・バリアフリー化及び耐震改修などの法改正への対応が必要です。ホール及びホワイエの非構造部材吊り天井部分も耐震改修が必要です。 ・設備機器の経年劣化に対して早期の補修及び改善が必要であるとともに、部品調達が困難な空調設備、非常用発電機等の更新が必要です。 ②利用者ニーズ ・利用者アンケート(平成27年10月実施)の結果は次のとおりです。 ・調理実習室を除く全ての施設に対する回答が、「満足」「やや満足」「普通」で8割を超えています。満足度の高い施設は会議室、講義室、美術実習室の順で高く、主な理由は、部屋が使いやすい、利用しやすいなどです。 <建物概要> 所在地:東海市横須賀町狐塚11番地 敷地面積及び用途等:4,137.45㎡ (商業地域、防火地域、80%(建ぺい率)、400%(容積率)) 北側敷地:近隣商業地域(日影規制有、5h、3h) 構造:鉄筋コンクリート一部鉄骨(屋根)、地下1階地上3階建PH1階、耐火建築物 面積:建物面積1,740.36㎡、延床面積3,685.39㎡(1階1,694.91㎡、2階927.15㎡、 3階719.04㎡、B1階257.49㎡、PH階86.80㎡) 竣工:昭和55年 バリアフリー対応が望まれるトイレ 耐用年数を超えている空調設備

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です